気象予報士・長尾の独り言(夏は猛暑?)

古い話ですが、先月11日、気象庁からエルニーニョ現象の現状と今後の見通しについて発表がありました。
エルニーニョ現象は弱まりつつあり、夏の初めには終息している可能性が高いとのこと。
逆に、夏のうちにラニーニャ現象が発生する可能性が高いとのことです。

ラニーニャ現象とは、南米ペルー沖の海水温が平年より低くなることで、
世界各地の気候に影響を及ぼします。
ちなみにラニーニャ発生時の北日本の夏は、平均気温・雨量とも平年並か高めです。

まだ先の話ですから、頭の片隅にでも置いておいていただければ。


           
長尾 純一
投稿者:
カテゴリ:気象予報士ブログ