気象予報士・長尾の独り言(ヤマセと雲)

またまたご無沙汰しております。

梅雨入りしましたが、まとまった雨が降らず今日に至っております。
東北から関東にかけての梅雨は、北にオホーツク海高気圧、南に太平洋高気圧、その間に梅雨前線という並びが一般的。
このうち、オホーツク海高気圧が東北地方太平洋側に張り出すと、湿った東風、いわゆる「ヤマセ」が吹きます。
「ヤマセ」が吹くと、県内では主に下北や三八上北で霧が発生し、気温が低くなるため、農作物に影響を及ぼすことがあります。
一方で津軽、特に中南・西津軽は晴れることが多く、空気もカラッとしています。
これは「ヤマセ」による雲が低く、八甲田山を越えられないためです。
こんな日は、弘前から八甲田山を見ると、山頂付近に雲が張り付いています。
天気予報で、弘前より八戸の予想最高気温が極端に低い時は、ヤマセが吹くサイン。東の空をチェックです。


           
長尾 純一
投稿者:
カテゴリ:気象予報士ブログ