「輝く」ための準備と覚悟。

2000年9月に「弘前アクターズスクール」(当時は「プロジェクト」が付いていました)を立ち上げてから丸17年。
りんご娘がデビューしたカルチュアロードの日から、ついに18年目に突入しました。

当時のことを知っている方なんて、きっともういないかも知れないですね…。
このアップルウェーブでメンバーを募集して、一期生を集めてオーディションしたんですよ!
デビュー曲「LOVE&SOLDIER」は当時の放送部長の計らいで、アップルウェーブの番組内でパワープレーもしていただきました。
今となっては懐かしいお話です。

りんご娘は、初期メンバーから数えて、6期生のとき、7期生の王林、8期生のジョナゴールド(2代目)、彩香が今もグループを支えてくれています。
妹ユニットとして誕生した「アルプスおとめ」も今年で11年目!なんです。

正直、関わってきた私自身も、こんなに続くなんて思っていませんでした。

ただひたすら、
夢を追いかける子供たちがいる限り、子供たちが好きなことをできる環境を作ってあげたい。
その子供たちが、この活動を通して弘前を好きになってもらいたい。
青森を元気にする力になれれば。
それだけでした。

私はよく、子供たちに
「今の状況が『永遠続く』はない」
といいます。

楽しいことも、うれしいことも、つらいことも、苦しいことも。
今いる仲間と過ごす時間も。
「永遠」はないんです。

冷たく聞こえるかもしれませんが、それが「時間」というものだと思っています。

だからこそ。
今を大切にしてほしい。
これからを楽しく、価値あるものにするために。
大切なのは、自分の人生のための小さなこと、一つ一つの積み重ね。
努力。
経験。
そのための「準備」しかないんだよ!
と言っています。

今を、一生懸命生きる彼女たちは、眩しく輝いています。
その輝きをさらに光り輝くもの、「自信」に変えるためのお手伝い。
それが、私の役目だと思っています。

人生の中のたった3時間。
一週間の火曜日という時間の中の3時間。

輝く彼女たちの活躍を知っていただくと共に、
みなさまにとって、ちょっとでも「聞く価値のある3時間」にするために、今日も頑張ります!
私ももっと輝かなくちゃ!(笑)

♪輝きたいの わたしぃ~ by りんご娘/RINGOSTAR

以上、リンゴミュージックのお母さん、JAM☆RINGOでした。


           
JAM☆RINGO
投稿者:
カテゴリ:パーソナリティブログ