気象予報士・長尾の独り言(雨は…)

弘前は、雨が少ない状況が続いています。
5月25日から6月23日までの30日間で降った雨量は11ミリ。
平年のわずか16%で、県内で最も雨が少ない状況です。

そんな中、気象庁から3ヶ月予報が発表されました。
東北日本海側の予報を見ると、
【7月】気温:ほぼ平年並 降水量:ほぼ平年並
【8月】気温:ほぼ平年並 降水量:平年並か多い
【9月】気温:ほぼ平年並 降水量:平年並か少ない
「なんだ、平年並ばっかりじゃないか!」というのはともかく、
この通りだと、雨が少ない状況も7月には解消される見込み、となります。
農作物にも影響が出始めている雨不足、1日でも早く降ってくれ!と祈るばかりです。


           
長尾 純一
投稿者:
カテゴリ:気象予報士ブログ