珈琲

こんにちは。あぼちかこです。

番組の中でもコーヒーが、好きな話を時々します。朝起きて飲んだり、眠気覚ましに飲んだりと、一日に3杯くらいは飲んでいるかと思います。皆さんは?

でも「カフェインが体に悪い」とか、「コーヒーは健康のために飲んだほうがいい」など、いろいろな噂や情報があって、何を信じればいいの?って感じしませんか?

☆老化防止

コーヒーには、ポリフェノールの一種、クロロゲン酸が含まれています。ワインやココアにも含まれるポリフェノールは、抗酸化作用として知られていますよね。コーヒーにも老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。

クロロゲン酸などのポリフェノールはインスタントコーヒーよりもドリップコーヒーに多く含まれています。その差、なんと約5倍!少し手間がかかりますが、コーヒーの効果をより高めたいならドリップコーヒーで決まり!

さらに、生豆の状態が一番クロロゲン酸を含んでいて、クロロゲン酸は熱に弱いので、浅煎りを選ぶとさらに良さそうです。

☆ダイエットにも!

コーヒーを飲むことで交感神経が働き、脳からの指令で脂肪代謝へ働きかけるので、脂肪燃焼を高める作用が期待されています。コーヒーのお供に甘いものを食べると逆効果だろうけどね☆

☆集中力アップ

コーヒーには、注意力の低下を回復させる効果も期待されています。先日、わたしも参加して、単純な計算問題で実験しました。コーヒーを飲んだあとのほうが計算テストの成績が全員良くなりました。

☆リラックス

コーヒーの香りには脳をリラックスさせる作用があります。コーヒーの香りで、リラックス状態の脳に現れるα波が増加することが判っています。コーヒー休憩でリフレッシュできるのは、味はもちろん、コーヒーの香りが安らぎを与えてくれていたんですね♡

手軽にリフレッシュできて、ダイエットにも嬉しい効果が得られるコーヒー。目覚めの一杯、運動前に、リラックスタイムにとさまざまなシーンで活躍する飲み物です。飲み過ぎには注意して、一日3〜4杯を目安に取り入れてみてくださいね。


           
阿保 史子
投稿者:
カテゴリ:パーソナリティブログ