秋の花粉症にご注意!!

今や国民病とまで言われている、花粉症。

『花粉症』といえば、4月~5月に苦しめられるスギ、ヒノキのイメージが強いですよね。

私自身もスギ花粉症に毎年悩まされているのですが、自分自身のアレルギーはスギだけだと思っていました。

ところが。数か月前、あるきっかけがあり、アレルギー科を受診。そこでアレルギー検査をしたところ…ななな、なんと。スギ以外に、いろいろとアレルギーがあることが判明いたしました…。

腕の内側(柔らかい部分)に微量のアレルゲンが含まれた液体を垂らし、軽く傷をつけ、どれくらいの時間でどの程度の反応が出るかという検査をしたのですが。

春先のスギはもちろん、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、ダニ、軽度の小麦と牛乳……

中でもヨモギは、検査開始直後からなかなかの反応を見せてくれたようで。規定時間を待たず検査終了となってしまいました。

ヨモギは、8月~10月にかけて花が咲きます。市街地や道のいたるところに生えており、また多年草なので繁殖が旺盛なんだそうです。

検査後、先生に「春より秋の方が、くしゃみとか辛かったと思うんだけど…?」と言われ。思い返してみると、ここ数年はそうでした。秋のイベント会場でも、鼻水に悩まされ、くしゃみ連発……多々、ありました。

単純に、季節の変わり目で風邪をひいていると思いこんでいたんですね。人間の思いこみ、危険です。

今はしっかりと薬を服用しているため、現時点では、昨年ほどの症状には悩まされておりません。

また、このアレルギー検査でわかったことが、私自身が口腔アレルギーを起こしてしまう可能性のある食べ物がある、ということ。

口腔アレルギー症候群とは、何らかの食材を摂取した後、口の中や唇がイガイガする、腫れぼったくなる、かゆみが出る、などのアレルギー症状があらわれるもの。食べ物と花粉中の類似する物質がアレルギーを起こすことから、花粉症と関連があると言われているようです。

実は、私自身がアレルギー科を受診したきっかけは、口の中がイガイガ、腫れてしまって、短時間ですが上手く喋れなくなったことだったのです。この検査をして、原因がわかってホッとしました。

原因がわかるのなら、対処もできます。違和感を感じたときに医療機関を受診すること、検査を受けることは、本当に大事なことなのだと、身をもって実感しました。

ススキ・ブタクサ・ヨモギなど…今の時期、そしてこれからもう少し、秋の花粉症に気をつけなければいけない期間が続きます。

もしも、毎年秋は鼻水などに悩まされている。という方がいましたら、アレルギー検査をおすすめいたします。

自分自身の身体について知って、必要な対処・治療をする。生活の質を下げないために、毎日明るく楽しく過ごすためには必要なことですよね。

秋の行楽シーズン。楽しいイベントが盛りだくさんな時期です。

秋の花粉症に注意して、思いっきり楽しみましょうね♪


           
近藤 志織
投稿者:
カテゴリ:パーソナリティブログ