Thanx a lot

地域の人達に愛され、様々な事があっての20年、凄い年月ですね。
今改めて、どんな事があっただろうと私なり思い出しています。
中継中は本当に色んな出来事があるんですよ〜。穴にはまったり、溝に落ちたり、汗が目に入ったり、鼻水垂れっぱなしだったり、とにかく数えきれない程の珍エピソードがあるんです。でもその反対に、普通では体験出来ない事をさせていただいたり、見せていただいたり、「特別な事」もたくさんありました。今私は津軽弁リポーター 須田 まきですが、初めはある番組で、アーティストや曲を英語で紹介する事をしていたんです。そしてリポーターの話しをいただき、当時は標準語で話していたんですよ、これでも(笑)

ある時、「畑中継」を担当し、そこからですよ!相手の方は容赦なく津軽弁で話して、それを標準語で伝える…なんて不自然だの?しかも「へらかれー」ってきた〜!なんなの?「へらかれー」って?いつ?どの場面で使うの?ってか?意味は?「喉通る時へらかれーのが良いってすー人もある」とにかく伝えねば!っと、「へらかれー」意味を伺い、そのまま「へらかれー」と伝えました〜。その時のスッキリした気持ちは今でも覚えています。その後会社に津軽弁でリポートさせて欲しいとお願いをし、その後からは郷土料理中継、隣の晩御飯中継でバンバン津軽弁で伝え、今の私がおります。どこに行っても、いきなりマイクを向けても皆さん快く話してくれる事は本当に有りがたかったです。そしてラジオは声だけで顔が見えませんが、「あれ?この声アップルの須田まき〜?」っとお声がけして下さる方もいます、嬉しいですね。年月がたつと、人もふくよかになったり、気持ちや表現にも丸みを帯びてくると言うか?優しくなる気がします。アップルウェーブも皆様に可愛いがられて、更にステキなラジオ局になると思います。

私は3月でアップルウェーブを離れますが、これまでに出会った人、そして成長させていただいた事に感謝致します。ありがとうございました。
どこかで見かけたら、声っこかけてけの。
笑顔溢れる毎日であります様に!

 See you again,from Maki.


           
須田 まき
投稿者:
カテゴリ:パーソナリティブログ