幸福の木から芽が出ました

明るい色の幹から緑の艶やかな長い葉が伸びるマッサンゲアナ。
幸福の木と言われています。名前にインパクトがありますよね(笑)

出会いは冬。ホームセンターで何気なく見かけた大きな観葉植物。
通常は結構いい値段なのですが寒さに弱ってだいぶ傷んでいるというので、破格のお値段で売り出されていました。(店員さんからも枯れるかもしれないからと若干購入を止められたくらいかなり弱っていました)
育て方を調べ、いつもくまなく状態をチェック、時には話しかけたり(笑)
この冬をなんとか乗り越えてくれれば、生き延びてくれると信じて大事に育ててきました。

4月になり、なんと幹から新芽が出てきたのです!3つも!まだまだ出てきそうな勢いです。

厳冬期を何とか乗り越えれば、やがて芽はでる。
どんな時でもいつか春が来ると信じ、前を向いて進んでゆくことが大切だと、幸福の木は教えてくれたのかもしれません。

これからも私の晩酌相手になってもらいたいと思います(笑)


           
成田 樹里
投稿者:
カテゴリ:パーソナリティブログ