夏の終わりの余韻ゼロ

やっと、終わりましたよね?今年の夏。
9月12日土曜日から最高気温がやっと30度を下回るようになって、うっすら寒いほど。真夏から急に秋に切り替わった感じですね。2020年の夏は本当に長くて暑くて厳しかったです。残暑厳しいなんて言葉では足りないほど厳しい夏だったのに、バシッと切り替わるなんてびっくり。

思い出すと、今年は梅雨が長く、東北北部は梅雨明けもせず夏の始まりが遅かったとも言えるかも。
日本は温かく住みやすい温帯の国、青森県と北海道は冷帯で、梅雨は無いって小学校の時、社会科で習った記憶があるけど。
でもこの夏の暑さはどう考えても住みやすい国の気候とは思えないですね。命を脅かすほどの異常に覆われているようです。
そして異常な大雨。9月4日金曜日は、弘前で1時間87.0mmの猛烈な雨が降り、一瞬にして、まちなかの道路が川のように。
これまでの常識は通用しないのかもしれません。

台風の季節が近づいています。
全国的にこれまで経験したことのない気象状況に見舞われるケースがすごく多くなっています。
備えあれば憂いなし。あなたの備え、見直してみてください。我が家の備えも全然だめ。見直さないと!


           
阿保 史子
投稿者:
カテゴリ:パーソナリティブログ